TOHOKUUNIVERSITY Startup Incubation Center

TOHOKUUNIVERSITY Startup Incubation Center

SUPPORT FOR STARTUPSスタートアップ支援

スタートアップを始めるうえでは、会社として活動を始める前に様々な検証活動が必要となります。一般的には下記図のようなプロセスをたどるとされていますが、ユーザーを含む各種ステークホルダーへのインタビューやプロトタイプへのフィードバックによって仮説変更を余儀なくされる場合は、絶えず立ち戻って検証と仮説の再構築を続ける必要があります。特に30点40点で構わないので、人が欲しいと思うプロダクトやサービスを作り、素早く検証することが重要になります。
※初期のプロジェクト〜スタートアップ設立初期には人もモノもお金も時間も不足しているため、一般的な企業内で行われる事業開発手法やいわゆるManagement of Technology(技術経営)の方法と異なる活動が必要です。

スタートアップ設立のための初期プロセス(イメージ)

左右にスクロールできます

スタートアップ設立のための初期プロセス(イメージ)

※多くの名だたる起業家も一つ目のアイデアで成功しているわけではありません。
※早すぎる法人化は推奨していません。できる限りプロジェクトレベルで仮説検証を進め、チーム作りをしてからの起業をお勧めしています。

スタートアップ設立のための初期プロセス(具体的なアクション)

左右にスクロールできます

スタートアップ設立のための初期プロセス(具体的なアクション)

基礎用語

スタートアップは市場に新たな価値を創造し、比較的短期での急成長を目指すものを指すことが多い。ベンチャーは既存のビジネスモデルを含む事業を通して、巨額の資金調達を必要とせず、中長期に着実な成長を目指す起業形態=スモールビジネスも含むことが多い。
※特に区別せず使用されるが、自らの目指す企業がどちらを目指すかは意識する必要がある。
新規事業の創出や市場への新たな影響、意思決定や行動と強く結びつく概念。確固たる定義はいまだ存在していないものの、近年は単純な経営知識やスキルなどのビジネス側面に限らず、広く個人の能力・態度等も含んだ概念としても理解されている。
価値はユーザーの課題が解決されることによって生まれる。ユーザーが抱える課題の大きさ、その課題がどれだけ解決されたかによって、提供できる価値の大きさも決まる。そのため、実体のある課題を抱えたユーザーがいるのかが非常に重要になる。特に、課題がユーザーの課題であって、社会や市場の課題でないことに注意する必要がある(温暖化を止めても地球はお金を払ってくれないが、高品質なバイオ燃料に航空会社はお金を払ってくれる)。
ユーザーがなにに最も課題を感じているのか、プロダクト・サービスが顧客にとって本当に必要とされるものなのかを検証し、ユーザーの課題に合致した事業開発を行うための最もコストパフォーマンスの良いリサーチ手法の一つ。特にアイデアの初期段階ではこれを重ねることが必須になる。
仮説検証を補助するための強力なツール。ソフト・ハード問わずMVP(minimum viable product:実用最小限の製品)という用語でプロトタイプを指すこともある。ただし、検証対象・目的によってプロトタイプの形態は様々ある(ペーパープロト〜実際の製品プロトまで)ことには注意が必要。
「ユーザーに価値を持続的かつ独占的に提供するための仕組み」を指す。だれにどのような価値をなぜ持続的かつ独占的に提供できるのか、という問いに答えられるものがビジネスモデル。曖昧に事業計画や市場規模と混同して語られることも多いが、「モデル」であることに留意する必要がある。
  • だれに=ユーザーは誰か?
  • どのような価値を=どんないいことがユーザーにある?
  • なぜ=どのようなリソース(技術・ヒト・資金等)や機能がその価値を支えている?
企業の成長のために必要となる資金を外部から調達すること。投資家やベンチャーキャピタルからの出資や、金融機関からの借り入れなど、企業の成長ステージや目的によって調達手法は異なる。技術系のスタートアップであれば主に研究開発や設備投資、人材採用などに調達資金を使用する。スモールビジネスであれば不要なこともある。
急成長を目指すスタートアップは製品開発や人材採用のため株式と引き換えに資金を調達する必要がある。主にその資金を提供してくれるメインのプレイヤー。スタートアップのステージや技術領域により得意不得意があるが、アイデア段階でも相談に乗ってくれる企業も多い。
設立したばかりのスタートアップや、プロジェクトレベルから起業を目指す人を支援する企業や団体を指す。事業会社とのネットワーク、投資機能、人材マッチングなど幅広い起業支援メニューを有している。得意とする業界や技術領域がある場合も多いので適したものに参加することが重要。

支援のリンク一覧

主な支援

各種サポート

pagetop